フリーランスは全て自分でする

フリーランスは会社に所属していないのである意味では自由と言える。
特に会社に無理な要求や、人間関係でのトラブル、あるいは給料について問題を感じている方にとっては、フリーランスは選択肢の一つになるのだ。
会社という組織が嫌になって逃避的に、フリーになった方も業界として多いと言える。
ただフリーランスになれば会社に属していた時とは違う、様々な問題と正面からぶつかり合わなければならない。

例えば仕事上で生まれたトラブルについて、責任は何処にあるのかを考える必要もあるし、契約書や、領収書、金銭面での管理などは自分で全部しなければならないのだ。
会社ならばそのような煩わしい問題について、全て会社が引き受けてくれるので、社員は仕事に集中出来たことは認めなければならない。
その覚悟を持って独立を果たさなければならないだろう。
それから仕事が無限にある訳では無い事も考えて置かなければならない。
会社から膨大な量の仕事を押し付けられていて辟易していた方も居るかもしれないが、フリーになってみると自分が全てやらなければならない。

会社員として働いていた時に、独立した時にある程度、取引ができるような相手が見つかれば良いが、もし何も無い状態ならば自分で探す必要があるのだ。
営業も全て自分でやって仕事を取って来なければならない。
ただ、在宅ワーカー向けの募集サイトもあるので仕事を取りやすくなっているのはフリーにとって喜ばしい事だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です