フリーランスではさまざまな役割がある

会社に勤めていると、その中で自分の役割というものがあるだろう。
いろいろな部署に分かれていることもあるので、その中でどういった仕事をしているのかは人によって違ってくる。

フリーランスという働き方ならばどうだろうか。
どういった役割があるのかというと、まず仕事を受けているならばその仕事をこなしていく必要がある。
自分で締め切りまでに終わらせることができるのかどうかを判断しなければならないし、後でできなかったということをいうわけにもいかない。
ただ日々仕事をこなしていけばいいというわけではなく、仕事以外のこともこなしていく必要あるのだ。
この役割はあなた、この役割は私というように、分担できない場合が多いので、自分の許容範囲を知っておくことも大切だ。
どの程度の仕事ができるのか、他の業務にはどのぐらいの時間が割けるのかを考えて、そこから適した仕事量を判断していくことも考えることになってくる。

フリーランスを募集していたりすると、とにかく仕事を受けなければということもあるだろうが、後々を考えないで仕事を受けてしまうと、仕事をこなしていけないということも起こるかもしれない。
仕事だけでなく、さまざまな役割を自分でこなしていかなければならないということを念頭に置いて、そのためにはどうやって仕事をしていけばいいのかを検討していこう。
また、体調管理も立派な仕事なので、日々の業務と共に気を付けていくことが大切なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です